タイトルについて
  • 2021年10月21日
  • Category -blog
  • Comment -(0)

この人誰だか分かりますか?

一番その人らしい写真を選びました。

このブログのタイトル「問答夢用」にも関係ある人です。

そう!哲学の父、ソクラテスさんです。

やたらと問答した人ですね。

 

私も今、ソクラテスのようになってます。

よくよく考えたら分からないことが沢山あるからです。

例えば「俺は自由になりたいんだ!」ってなったとき

自由って何?と聞かれたら

なんて答えますか?

自由は自由だよ!

改めて聞かれると、こうなりますよね。

そこで

自由とは解放かな?

解放って、何からの解放?

拘束されてるものからの。

じゃ何に拘束されてるの?

権力?自分自身かな?となる訳です。

まだまだ、ありますが、取り敢えずこのへんで。

で、自分を縛り付けてたのが自信のない自分だったり、結果ばかり気にし過ぎて何も出来ない自分に気がつく訳です。

ようするに問答とは、その言葉や行為の本質に迫るためのやり取りですね。

役者は「セリフ」と「ト書き」から、その役の心「本質」をつかむの仕事です。

そのために、何故そんなこと言うの?何故そんなことするの?と

役と向き合い、常に役と問答してるんです。

皆さんも自分自身に問いかけてみてください。

楽しいですよ、哲学するって。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。