癒オジカフェ『私の父は最高の人』
  • 2019年11月14日
  • Category -blog
  • Comment -(6)

もうすぐ父が死んだ年齢に近づきました。

61才で死んだ父。

下町の町工場で生涯、真っ黒になって寡黙に働き続けた父。

私も若い頃は一緒に働いていました。仕事は若い私にも、かなりキツイものでありました。

社員も多いときは7.8人いました。

父は休みの日によく話をしてくれました。『こんな小さな工場でも人と関わることは大変なんだよ』と人間関係の難しさを教えてくれました。でも大変といいながら皆の面倒を良くみる人でした。

ただ大人しい人だったのでストレスも多かったと思います。

私はその父の跡を継がす、役者になりました。

でも、父は喜んでくれました。

私も一番いいときを父に見せられて嬉しかったです。

あれから30年。もうすぐ父と同じ歳に。

あの厳格な父に恥じない生き方をして、父の歳を越えたいと思います。

私の原点は親子3人、下町の6畳一間から始まりました。今は大好きな風呂はなく、洗濯機が私の風呂でした。

原点を見つめ、両親や今まで私を支えてくれた人に感謝して、今の仲間にその恩返しをしたいと思います。父の『人に対する愛』に恥じないように。

 

今日はいつものカフェで、いつもの常連さんとアイスコーヒー☕今日も素敵な1日をお過ごしください🍀

 

コメント

  1. うみ より:

    素敵なお父様でしたね。
    淳さんや私の年代の親は本当に一生懸命働いていた世代だと思います。
    高度成長期に、大型休暇もなく、身体を使うことを当たり前に働いていたような気がします。
    私の親は健在ですが、やはり年齢には勝てなく色々大変な毎日です。
    それでも居なかったら、寂しく思うのだろうなぁ~なんて…
    マスター、今夜は少し甘いコーヒーをお願いします。

    1. studiofuzios より:

      家族のために、身を粉にして働いてましたね。感謝感謝です‼️
      甘めですね。では、カフェグラッセで🎵

  2. サンダーソニア より:

    とてもほっこりする話に心が、温かくなりました。私も下町育ちなので、お父様のような雰囲気の人が前はいたなと、思い出します。私の父も江戸っ子と呼ばれる人でしたが、とても穏やかな父でした。たまには下町に散歩に行きたくなりました。橋爪さんのプライベートの話ありがとうございました。😌

    1. studiofuzios より:

      そう言って頂けると嬉しいです😅ありがとうございます🙇

  3. まさ より:

    お父様が亡くなって、もうそんなに年月が経ちますか?
    いつも優しく素敵なお父様が、私も大好きでした。61歳と思うと、今ではまだまだこれから!という年齢ですね。自分に置き換えるとやり残した事や無念な事もあったと思いますが、お父様は私にとっては、最期まで立派なお方でした。
    懐かしいですね。
    大活躍中の淳さんを誇らしげに見つめておられたと思います。

    1. studiofuzios より:

      ありがとうございます🙇父の分まで頑張ります☀️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。