癒オジカフェ『マインドとセンス』
  • 2020年04月15日
  • Category -blog
  • Comment -(0)

いくら演技を学んでも、やはりその人の『マインド』と『センス』が問われます。

演技を学んでも、演じるときは手放さないと演技に縛られます。自由自在になれません。

特に真面目な人は習ったことを「ちゃんとやらなきゃ」ということになるとガチガチになり身動きが取れなくます。

そうなると、その人自身の魅力がなくなる。

では、どうしたらいいか?

習ったこと、身に付いたことは放っておいて(放っておくには無意識で身体が動いてしまうくらいまで徹底的にやる)大胆にそして繊細に今を生きる。

相手に集中してとも言いますが、もっと弾けて欲しい、突き抜けて欲しいんです。

開き直りとでもいったらいいのでしょうか「もう、どうにでもなれ!」というくらいに

そうじゃないと、小さく纏まった魅力のない人になってしまいます。

よく監督に何回もテストをやらされ、良いとも悪いとも言ってくれない。

で、ブチキレて演じたらOKが出たなんてことがよくありました。

やはりエネルギーが大切です。エネルギーは人を引き付けるんです。

内に籠るエネルギーも大切ですが、外に向かって放射するエネルギーも必要です。

いい意味の『いい加減さ』と『大胆なマインド』が必要だと思います。

これは教えられますが、その人自身の覚悟と自主性がものいいます。

与えられたことを、ただやっているだけでは身に付きません。

それこそ「もう来るな!教えない!」といわれても「そこをなんとか教えてください!」と食らいついていくか、逆に「お前なんかに教わるか!」ぐらいの根性が必要です。

 

センス(感覚)にしてもそうです。

少し『ズレている』くらいがいいんです。

今の人たちは人と同じことをして安心していますが、それでは埋もれてしまいます。

如何に人とちがうことを考え、行動するか。

自分だけの感覚を磨くんです。

このとき人の目を気にしてはいけません。何を言われても聞く耳を持たないくらいがいいです。『責任』を取るのは自分なんですから。

それに、『わざとズレる』んですから。言われるのは覚悟の上です。

そして本当に自分がワクワクすることをやり続けるんです。中途半端はいけませんよ。徹底的にやるんです。

そういう日々を生き続けていると、自ずと『ズレた人』になっていきます。

その『感覚のズレ』に人は惹かれるんです。私もあんな人になりたいと。

だって自分がやりたいことを徹底的にやり抜いている人はそういませんから、そんな人を見れば憧れますよね。

 

もっともっと貪欲になったらいいですよ。そして行動してみてください。時間は待ってくれません。

今は非常時ですが・・・だからこそ、この非常時をチャンスに変えたらいいと思います。

 

私も慣れないzoomで有志の方々と、今の状況をどう乗り切るか?を考えたり、自身の生き方を見直したり、役者にとってのマインドとセンスを深堀したりしてます。そして勉強する楽しさが習慣になれば、こんな最高なことはないです。

あとは、それを手放しバカになることかな!

 

今日もありがとうございました!大変なお仕事をされている方々、くれぐれもご自愛ください☀️罹患しないよう最大限の努力をしてます🙆

皆様のご無事を心からお祈りしてます☀️

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。