人間って
  • 2019年06月6日
  • Category -blog
  • Comment -(2)

人間に生まれて来たことを恨んだり感謝したり。

若いときには死んでやる‼️殺してやりたい‼️と思ったことは一度や二度じゃないはずです。

実際に自殺者は増え続け、殺人も後をたちません。

それには様々な理由があると思います。

私も今は夢に向かって突き進んでますが、いつどうなるかは、そのときになってみないと何とも言えません。

ただ、死ぬまで修行だ‼️と思うことで前向きに生きてます。先のことは分からないので心配するだけ時間が勿体ない‼️

それと妬み嫉みなどで人に振り回されて生きている人がいると思いますが、それも本当に勿体ない‼️その嫌な相手のために自分の大切な時間を無駄にしないで下さい。

自分や大切な人のために使っていきましょう。限りある時間ですから。

 

自殺、殺人の話に戻ります。

役者は役づくりのために、台本の中から、その理由(自殺や殺人)を様々な方向から探っていきます。

幼い頃から、そこに至るまでの役の人生を「追体験」していきます。

「もし私が~だったら」と考えるわけです。

そう‼️これが一番言いたいことなんです。

「他人の複雑な人生を追体験する」ことで自分の人生を振り返ることが出来るんです。共感することで思いやる心が生まれるんです。

世の中で起こっている様々なことに目を向けていきましょう。いつ自分の身にも襲いかかって来るか分かりません。決して他人事ではないんです。

それを理解するためにも

間違いなく「演技は心を育てるツール」だと信じてます。

今日も読んで下さり、ありがとうございました🙇

 

 

 

コメント

  1. Ruriko より:

    淳さん、おはようございます。
    いいね!をしようとすると、ログインを要求されるので、今まで沈黙の読者でしたが、どうしてもお伝えして置きたい事があり、コメントさせて頂きます。

    私は殺人者の心理は解りませんし、実際に死のうとした事もありませんが、自殺する人の心理は解ります。

    「死にたい」と思っている人は、自殺なんかしません。
    何故なら、自殺は意思ではなく、衝動によって起こるものだからです。

    「死んではいけない」と頭では解っていても、「死なずにはいられない」それが自殺者の心理です。
    だから、飛び降りるのです。
    確実に死ねる方法を、咄嗟に選んでしまうのです。
    それが衝動だから。

    手首を切るとか、大量に薬を飲むとか、そういう方法を取る人は、本当に死にたい訳ではなく、そういう自分に気付いて欲しい、寂しい気持ちをそういう方法でしか表現できない人達です。
    誰かに気付いて欲しい、そう思っている内は、人は死んだりはしません。

    自分が死んだら、悲しむ人も迷惑する人もいるはず、それが解っていても死なずにはいられない、それが「衝動」です。
    死の衝動に駆られた人は、例え偶然助かったとしても、何度でも繰り返します。
    衝動が治まらない限りは。

    そこまで追い詰められるには、人それぞれに様々な過程はあるでしょう。
    でも、過程は「理由」とは違います。
    自死は、選ぶのではなく、選らばざるを得ないものなのです。

    自殺者を演じようとするなら、理由を探ろうとしている内は、嘘っぱちにしか見えません。
    その人を衝き動かしているもの、その正体を見極める事こそが、役にリアリティーを与える唯一の方法だと、私は思います。

    偉そうな事を申し上げて、すみません。

  2. studiofuzios より:

    コメントありがとうございます🙇
    その衝動の正体が何か考えてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。