四股
  • 2019年06月5日
  • Category -blog
  • Comment -(2)

先日、ある有名学習塾の先生方のディスカッションに非演技塾の仲間と参加させて頂きました。

「役者は役者を辞めたあと、どうするんですか?野球やサッカーならコーチになったり解説者になったりしますが」と質問を頂きました。

「役者は生涯現役、死ぬまで役者をモットーにやってますが、演技コーチや大学の講師、演出家になる人もいます」

「橋爪さんはどうされるんですか?」

「どこを限界とするかですが、限界まで続けたいと思ってます。彼らのいい見本にも悪い見本にもなれるよう、同じ土俵にいたいんです」

「土俵以外での活躍はお考えですか?」

「はい。演技を広めていきたいんです。役者だけのものにしておくは勿体ないと思うんです。セラピーなんかで使っているところもありますよね。前にブログにも書きましたが演技は人間を知る、自分を知るのに最高の学習法だと私は思ってます。新たな教育分野のひとつであると考えて、その先を見ていきたいんです」

「そうなるといいですね‼️楽しみにしてます」

「こちらこそ、素敵な質問をありがとうございました🙇」

他にも沢山の美しい質問を頂きました。本当にありがとうございました🙇

 

実際に以前お邪魔した県立松戸高校では、すでに演劇が一般教科として授業のカリキュラムに入ってます。皆、生き生きと授業を受けてる姿が忘れられません。そのときの担任の先生は退職後に俳優になられました。

演技の力って凄いんです‼️

とにかく演技をとおして学ぶことは膨大にあります。

四股を踏みながら土俵を固めていきたいと思います。

今日もありがとうございました🙇

 

 

コメント

  1. megumikai92 より:

    こんにちは!
    淳さんご自身が演ずることに没頭なさっているお姿に感動しております。演技は人を魅了しますね!
    私も素人ながら演技を学びたいと思っている者の1人です。

  2. studiofuzios より:

    コメントありがとうございます🙇
    一般の方のための体験演技講座も視野に入れてますので、そのときは是非、体験してみて下さい‼️我を忘れて夢中になれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。