壬生狼 観劇

先日、「非・演技塾」の生徒の藤山由依ちゃん出演の舞台「幕末疾風録 MIBURO〜壬生狼〜」の初日の公演を観に行きました。

 

幕末にタイムスリップした兄妹が新撰組に入って激動の時代を生きる、という、幕末好きにはたまらないお話で、殺陣を取り入れた迫力ある舞台でした。

 

そんな中、由依ちゃんの役は花魁の深雪太夫。堂々として太夫の貫禄が滲み出て、とてもステキに演じていました。京都言葉もとても自然で、迫力あるセリフだったなー!豪華なお着物にも負けないくらいにとっても綺麗な太夫でした!

 

由依ちゃんが舞台に立ってるのを客席から見て、ほんま、感激したわー。

ホロリ、泣けました。

 

今日はもう千秋楽。

素晴らしい経験になったね。

お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。